ハーブワインって?美容効果を高めるハーブ×アルコールの魅力

2019.05.08ハーブの楽しみ方

 

 

美味しい料理と美味しいワイン、そんな至福のマリアージュをご存知の女性は多いはず。でも、そろそろ将来の自分のためにお酒を控えた方がいいかしら?という考えが頭をよぎるあなたにお勧めしたいのが「ハーブワイン」。今回は、ワインに含まれている成分とハーブの力が掛け合わさって、さらに美容効果が高まる、優れたドリンクについてのご紹介。美容も美食も諦めたくないエレガントな女性に朗報!

そもそもワインの効能って?

【赤ワイン】

多く含まれているのは「ポリフェノール」。抗酸化力が強く、肌のシミや老化を促す活性酸素を除去してくれるので美容効果抜群。また、脂肪燃焼効果もあるので、動物性脂肪を摂取しても燃やしてくれる働きが。お肉料理に赤ワイン、と言われている本来の意味合いはここにあるのかも。

【白ワイン】

殺菌作用があり、腸内環境を整える効果があるって知ってた?下痢や便秘を解決してくれる女性の味方な白ワイン。体内の老廃物を排出するカリウムだって含まれているから、体内から美しくなるためにはうってつけのお酒。

ハーブと相性の良いワイン

・ローズマリーをつけ込むと美味しいワイン

白ワイン

果実味の豊かなアルパリーニョ、フレッシュな果実味を感じるミュスカ、飲み口が軽く、程よい酸味を感じられるソーヴィニョン・ブランとも相性◎

赤ワイン

カシス・ブルベリーの濃厚さが楽しめるカベルネソーヴィニヨン、プルーン・スパイス、そしてくっきりとした酸味を楽しめるサンジョベーゼ、凝縮した果実味と柔らかなタンニンを味わえるメルローとも相性は抜群。

・セージをつけ込むと美味しいワイン

白ワイン

産地の特徴を鏡のように映す果実味豊かなシャルドネ、フレッシュですっきりとした味わいで人を選ばないリースリングとも良い相性。

赤ワイン

酸味、渋み、タンニンを楽しめる大人なカリニャン、豊かなタンニンとスパイシーさを感じられるシラーと合わせてみると楽しめる。

まとめ

ボトルワインが余ってしまった・・・。買ったワインが口に合わない・・・。そんな時に、ハーブをつけ込むだけで出来上がる、ハーブワインに変身させてみるのもOK。また、恋愛・美容トークで盛り上がる女子会の手土産にハーブワインを登場させて、ちょっと粋な計らいをしてみるのもあり?

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。