ゴールデンウィークの飲み過ぎ食べ過ぎに!肝臓をいたわるおすすめハーブティー

2019.05.02ハーブの基礎知識 , 悩み

長期休みで開放的にお酒を楽しんでいる方も多いのでは?「なんだか身体に倦怠感を覚えてきた・・・このままではGWを最後まで楽しめそうにない・・・。」

そんなあなたにおすすめしたいのは、肝機能に効くハーブティー。この機会に生活に取り入れて、身体をいたわってみてはいかがでしょう。

肝臓の働きとは?

【1】摂取した栄養素の合成と吸収

大きな働きの一つは胃や腸で分解、吸収された栄養素を利用しやすい物質にして貯蔵すること。必要に応じてそれらを分解して、エネルギーを作り出すことができる。

【2】不要な毒素を分解して排泄する

体内に入ってきたアルコールや薬など、有害な物を分解して、尿や胆汁中に排泄する、解毒機能が備わっているのも忘れてはいけない肝臓の力。この能力にどれだけ助けられていることか・・・と当てはまる方も多いはず。

【3】胆汁分泌

胆汁を分泌する事によって、脂肪の乳化とタンパク質を分解しやすくする働きが備わっていることも、本当に優れたポイント。

あなたは大丈夫?肝臓に負担がかかる生活習慣

□ 毎日お酒を飲む
□ 脂っこい物を食べる
□ 食品添加物を摂りすぎる

上記に当てはまる方は要注意!

肝臓をいたわるハーブティー4選

特に肝臓をいたわってくれるおすすめのハーブティーを下記にご紹介。ぜひあなたも取り入れてみて。

【1】ミルクシスル

シリマリンという成分が含まれており、肝細胞の細胞膜を保護して、アルコールや環境毒素から肝臓を守る働きが。また、脂肪の分解を促進して、消化を促す働きがあり、食べ過ぎや、胃もたれにも効果的。

【2】アーティチョーク

アーティチョークに含まれている、シナリンという成分が血中のコレステロール値を下げる、胆汁の生成を促す働きがある。肝臓の解毒作用があり、肝臓の特効薬と言われることも。肝臓でのアルコール分解を助ける力も持つ優れもの。

【3】ダンデライオン

インドのアーユルヴェーダやアラビアのユナニ医学では、肝臓の病からくる黄疸の治療に使われていたらしい。ティーに使うのは、薬効が集中している根の部分で、根に含まれる苦味質が肝臓の働きを助ける。良薬口に苦しってこういうこと?

【4】ターメリック

オレンジ色の色素成分の「クルクミン」は、肝臓の働きを強化する力があり、お酒を良く飲む方や、肝臓の調子が気になる方は日ごろからターメリックティーを飲むとOK。食後に飲めば消化を促し、腸内細菌を改善する働きもあり、胃や胆のうを健康に保つ作用が。取り入れるべきは飲酒の前後!

まとめ

長期休みで食事やお酒を楽しみつつも身体をいたわるために、ハーブティーを取り入れてみては?うまく生活に取り入れることでGW明けの仕事もスムーズに行える、クールで素敵な女性を目指して。

 

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。