フレンチフルコースを彩るあのハーブ、効果効能ってご存知?

2019.05.10ハーブの基礎知識 , ハーブの楽しみ方

自分へのご褒美に、たまにはフレンチフルコースを。オードブルからデセールまで、美しい盛りつけから食欲をそそる香りに、舌を満足させる美味しい味。どんな人にも感動を与えてくれるフレンチだけど、ちょっと待って、料理を彩るあのハーブ、効果効能ってご存知?さりげなく、だけど確実に料理の見た目と質をグレードアップさせてくれるハーブたちを、まさか食べずに・・・なんてことしてないよね?

フレンチフルコースを彩るハーブの効能

フレンチフルコースのおさらいをしながら、各料理を色付けているハーブを思い出してみて。

Ⅰ オードブル

食欲を駆り立てる役割のオードブル。コースのスタートをきるこの一皿は、色彩が豊かで、見ているだけで楽しめるのが魅力。そこでバジルがよく使われているのを見るのでは?

【バジルの効能】

便秘解消の効果、そして身体を温めることもできるので、冷え性の人にもオススメ。女性に嬉しいパワーが秘められたハーブ。心身や中枢神経の強壮作用があり、身体のさまざまな機能を高めてくれるのも魅力。

Ⅱ スープ

メイン料理への準備スタート。手間隙かけて作られたスープを、少しずつ味わうことで心も身体もほぐれて、次の魚料理を楽しむ気持ちもばっちり備わってくる。スープにパセリが添えられている事もあるけれど、そのパワーをご存知?

【パセリの効能】

ビタミンやミネラルを豊富に含み、野菜の中でも栄養価がとても高いハーブ。

胃の消化不良の改善や、腹痛や生理痛などの痛みを和らげる鎮静作用も。食べ残してしまいがちだけど、これからはきっちり身体に取り入れて。

Ⅲ ポワソン

お肉料理に入る前の定番。肉料理よりも先にもてなされるのは、消化の良さを優先した結果。ポワレ、ムニエルにソテー・・・今回はどんな味わい?なんて想像しながら白ワインを選ぶあの瞬間はコース料理の楽しみの一つ。ポワソンと相性のよいハーブの一つ、ディルのご紹介。ディルって・・・?と思った方、きっと記憶に残っているはず。

【ディルの効能】

魔除けのハーブとも言われているディル。胃腸のはたらきを調整する効能があり、消化を助けて胃もたれや腹痛を緩和してくれるパワーが。口臭の解消にも効果があり。ポワソンを彩るディルの魅力は見た目だけじゃない!少しずつお腹も満たされてくるこのタイミングで、きちんと身体に取り入れる事が大切。

Ⅳ ソルベ

お口直しの一品。ここですっきり口内を整える事で次のお肉料理の準備はばっちり。そこに添えられているのはおなじみのミントだったことも記憶にあるのでは?ミントの効能をおさらい。

【スペアミントの効能】

スペアミントの爽快な香りは、リフレッシュ効果抜群。口内の最近を殺菌する作用を持っていたり、胃腸の働きを整える作用や、口臭や乗り物酔いの予防にもなると言われている。このタイミングでスペアミントが使われているのも納得。きっちり食べて次の肉料理に備えて。

Ⅴ ヴィアンド

コースのメインであるお肉料理。ここで「そろそろお腹いっぱい・・・」と感じられるように計算されつくしていることにも感動。料理が運ばれてくる時の胸の高鳴りは一入で、赤ワインとの相性も抜群・・・。でも、そこに添えられているハーブ、忘れてない?実はよく見られているであろう、クレソンのご紹介。

【クレソンの効能】

別名「オランダカラシ」。カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンA(カロテン)、ビタミンCなどが多く含む、栄養価の高いハーブ。食物繊維やポリフェノールも含まれていて、デトックス効果もばっちり。肉の添え物というイメージだが、それも理由があってのこと。消化を助ける働きにプラスして、こんなに栄養たっぷりの食材。身体に取り入れないなんて罪じゃない?

Ⅵ デセール

コース料理の最後を飾るデセール。装飾品のように美しいものが出てくることも多い、胸が高鳴る一皿。よく見られるのは、みなさんおなじみのペパーミント。効果効能を知ってさらにコースの締めを楽しんで。

【ペパーミントの効能】

食べ過ぎ・飲みすぎなどで胃の調子が悪い時に消化を助けてくれる効果や、腹痛や胸焼け、胃けいれんなどの症状を緩和してくれる力を持ち合わせているペパーミント。食後のデセールに飾られているのも納得。つい、デザートだけを楽しみがちだけれど、きちんと摂取する事で胃、身体をいたわってあげて!

まとめ

つい残しがちな料理を彩るハーブたち。しかし、食材とハーブのコンビネーションは、味の追求と身体へのいたわりが考えられた賜物。これからは自分のBODYのためにもぜひ取り入れてみて!

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。