夏バテや熱中症対策に役立つオススメのハーブティー×アレンジレシピ

2019.07.16 , 季節 , ハーブの楽しみ方

梅雨をあと少し乗り越えれば本格的な夏がやってきます。
ですが、夏の初めは急な温度差や、冷房などの影響で体調を崩しやすくなったり、夏バテや熱中症になる人も多いので注意が必要。

急な体調不良や夏バテ、熱中症の際によく取り入れる飲み物といえば、スポーツドリンクが浮かびますが、実はそんな時にこそ取り入れてほしいのが『ハーブティー』。
ハーブティーには、香りやそれぞれに含まれる栄養価により、体や神経の調子を整えてくれる効果があるため、夏にふさわしい飲み物なのです。

そこで今回は、夏バテや熱中症対策にオススメのハーブティーやアレンジレシピをご紹介。
今のうちから対処法を抑えて、安心した気持ちで夏を迎えましょう!

< 主な夏バテの原因、症状とは >

1、発汗の異常による体内の水分、ミネラル不足

症状:脱水症状

2、暑さによる食欲の低下

症状:栄養不足

3、暑さとエアコンによる冷えの繰り返し

症状:自律神経失調症

また、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振を招き
下記のような症状を引き起こします。

全身の疲労感/イライラ/むくみ/体のだるさ/熱っぽい/食欲不振
無気力/立ちくらみ/下痢・便秘

など。

< 主な熱中症の原因と症状とは >

1、高い気温や、強い日差し

症状:体温調節機能の低下

2、高温下での激しい運動や水分不足

症状:脱水症状

また、熱中症には三段階あると言われていて、段階が上がるにつれて危険度が増します。

【 重症度Ⅰ度 】大量の発汗、めまいや立ちくらみ、筋肉痛が生じる

大量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状としては、

大量の発汗/立ちくらみ/顔面蒼白/呼吸回数の増加/唇の痺れ/筋肉痛/こむら返り

などが見られます。この段階は、涼しい場所で水分を補給するなどして現場での応急処置で対応できる軽症です。

【 重症度Ⅱ度】頭痛、吐き気や嘔吐などを起こす

この段階で起こる症状としては

ズキズキする激しい頭痛/吐き気/嘔吐/体のだるさ/体に力が入らない

などといった症状が現れてきます。こうした症状が見られる場合はすぐに病院で治療を受けるようにしましょう。

【 重症度Ⅲ度 】意識障害、けいれん、手足の運動障害が発生する

この段階では、急激な体温上昇によって、40度以上の高熱が発生する場合もあります。

呼びかけや刺激への反応がおかしい、意識が無くなるなどの意識障害や、けいれんを起こす、真っ直ぐに歩けないといった運動障害が見られます。
こうした症状は、危険度も高いため、緊急入院し、集中治療を行う必要があります。

夏バテ、熱中症対策に役立つハーブティーとアレンジレシピ

ルイボス

体内の水分、ミネラル不足には、ミネラル類が豊富に含まれているルイボスがおすすめ。
また、大量の発汗によって失われるナトリウム、カリウムも同時に補えるので夏の水分補給にはぴったりなハーブティーです。

 【 ルイボスのアレンジレシピ  】レモンや柑橘類をプラス

スライスしたレモンやお好みの柑橘類を漬け込むだけですが、
クエン酸やビタミンをプラスする事で、より予防効果が高まります。
水筒や、マイボトルで常備しておくのもオススメです◎

ハイビスカス

ハイビスカスは、ミネラルやクエン酸を豊富に含み、スポーツドリンクと呼ばれるほど栄養補給には最適。味も爽やかなので気分もスッキリさせてくれます。

【 ハイビスカスのアレンジレシピ 】色を活かしてカクテル風にアレンジ♪

少し濃いめ作ったハイビスカスを冷まし、グラスに氷とお好みのジュースを半分注ぎます。
(色の変化を楽しむなら、オレンジジュースやグレープフルーツジュース、パインジュースが◎)

そこにグラスの縁からゆっくりと注ぐと、綺麗なグラデーションになり、
夏っぽく、見た目も楽しめる爽やかなドリンクに変身します!
ハイビスカスはとても鮮やかな赤色になるため、こういった楽しみ方もオススメです。

ペパーミント

ペパーミントは発汗している時に働いている交感神経の興奮を抑え、体温を下げる効果や、
食欲不振の原因となる副交感神経の機能の低下を防ぎ正常に働かせてくれる効果もあることから、暑さ負けを防いでくれます。

【 ペパーミントのアレンジレシピ 】レモン×シロップ×ソルトで、ミントソルトレモネード

爽やかな味わいのペパーミントには、レモンとの相性が抜群。

コップ一杯のに対し、レモン果汁をティースプーン一杯入れ、
そこに塩を少々、お好みでシロップを加え甘さの調整をして完成です。

ペパーミントは夏バテや熱中症対策に最適なだ毛でなく、
ミントの香りでリラックス効果も得られるので、持ち歩きにもオススメです。

まとめ

夏バテや熱中症対策には、スポーツドリンクだけでなく、ハーブティーから栄養補給することも可能です。どれも果物との相性もいいので、甘さや味に変化を出したいときは、ビタミンも補給できる果物を使用したアレンジレシピを試してみましょう♪

ただ、対策とはいっても、症状はさまざま。
もし危険な症状だと感じたら、我慢せずに休息をとり、病院に行くことも頭に入れておきましょう。

 

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。