肌悩みはハーブピーリングで解決。肌質改善でもう一歩美しく。

2019.07.15美容 , 悩み

肌のくすみが気になる。シミ・シワも増えてきたし、たまに出来る大人ニキビ。日々のケアに気をつけていても、女性の肌の悩みはつきません。本日おすすめしたいのは、「ピーリング」。ケミカルとハーブの力を知ってご自身の美容に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ピーリングとは

酸を直接肌に塗り、角質を溶かすケアの仕方です。酸と聞くと危険なように感じますが、ピーリングに使われる酸は、リンゴ酸・クエン酸・乳酸など肌への刺激が少ないものが多いです。似たようなケア方法で、スクラブケアがありますが、こちらは小さな粒で肌の表面を摩擦して古い角質や汚れを落とすケアのことを言います。

ピーリングの効果とは?

1、シミ・ニキビ痕を薄くする

ピーリングを行えば、古い角質の除去はもちろん、メラニンを取り除く事が出来るので、シミやニキビ痕を薄くする事が出来ます。

2、くすみを除去する事が出来る

くすみの原因は、古い角質が積み重なって出来る物です。ピーリングを行う事で角質を除去できるので、同時にくすみが改善されます。

3、毛穴の黒ずみが改善する

古い角質が溜まると毛穴が汚れで詰まったり、黒ずみ毛穴の原因になります。ピーリングの角質除去効果で、毛穴の汚れと黒ずみも角質と伴に除去する事が可能です。

4、化粧水の浸透が良くなる

ピーリングで毛穴の汚れが除去されると、その毛穴から化粧水が浸透しやすくなる事もメリットの一つです。

ピーリングのデメリットは?

お肌に刺激を与えるので、毎日行うのは危険です。ピーリングを繰り返しすぎて肌が固くなってしまう可能性もあります。週に1〜2回、肌のざらつきやごわつきが気になった時のスペシャルケアにしましょう。

ケミカルピーリングとハーブピーリング

ケミカルピーリング

皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって肌ケアを行う方法です。皮膚科等の医療機関だけが施術できると法律で定められています。皮膚を傷つける事なく、皮膚の表面の古くなった角質層を薄く剥がしていく治療法です。ケミカルピーリングで古くなった角質層を取り去ると、約10日間で新しい角質細胞がつくられます。皮膚の新陳代謝を促す事が出来るので肌のくすみを除去し、シワを目立たないようにする効果があります。ピーリング後、肌が一皮剥けたような、つるんとした肌触りと、肌のトーンアップが感じられるので、「美しくなった肌」に嬉しくなる事間違いなしです。

ハーブピーリング

ケミカルピーリングは肌の角質をピーリング剤で剥離させる方法ですが、ハーブピーリングは棘状成分を浸透させ、成長因子を深部まで導入する事により、肌のターンオーバーの周期を短くする方法です。ケミカルピーリングでは効果がすぐに感じられる反面、お肌が敏感になりがちですが、ハーブピーリングは段階的に改善が見られるので、ナチュラルでお肌に優しいピーリングになっています。施術中も様々な行程で優しくお肌をケアしてくれるので心地よくリラックスする事が可能です。

まとめ

お肌の改善に最適なピーリング。ケミカルですばやく効果を出す事も魅力的ですが、ハーブの力でナチュラルにお肌を改善していく事も安心ですね。どちらも試した上で、ご自身にあったケアを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。