エイジングケアにおすすめ!美肌・美容効果が期待できるハーブティー7選

2018.10.15美容 , ダイエット

「ハーブは身体に良いもの」というイメージを、漠然と持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、それぞれのハーブが持つ作用には、美容とのかかわりが深いものも多くあります。

今回は、美肌効果やエイジングケア効果など、美容に関する身体への作用が期待できるハーブについてご紹介します。

 

ハーブで身体の内側から美しく

ハーブは香りによる癒し・リラックス作用があることで知られ、アロマテラピーの一環として安眠のためなどによく用いられています。しかし、ハーブのなかには美容に関する効果が期待できるものも多いのです。

美白効果や肌荒れ改善、エイジングケアにも役立てられるハーブ。次の項目では、美容に関する効果が期待できるハーブの種類について、具体的にご紹介します。

 

美肌・美容効果が期待できるハーブティー7選

【美肌効果が期待できるハーブティー】

1.ハイビスカスティー

ハイビスカスティーは、美肌に効果的なビタミンCが豊富です。疲労を和らげてくれるクエン酸やリンゴ酸が含まれており、お通じをよくして肌荒れを予防する効果も期待できます。南国の花の鮮やかな色を持つハイビスカスティーは、その見た目からも元気をもらえそうです。

2.ジャーマンカモミールティー

ジャーマンカモミールには身体を温める作用があり、肌の乾燥を予防できます。また、心身の緊張を緩和するリラックス効果も期待できるため、イライラやストレスによる食生活の乱れから引き起こる肌荒れを予防するなど、肌トラブルにも効果が期待できるハーブです。

3.エルダーフラワーティー

発汗作用・利尿作用があることで知られるほか、美容に良いビタミンとして知られるビタミンAやビタミンC、抗酸化成分も豊富に含まれています。また、ハーブティーとして飲むだけでなく、カップから立ち上る湯気(蒸気)を顔に当てると美肌ケアになるともいわれています。

 

【エイジングケア効果が期待できるハーブティー】

4.ローズヒップティー

エイジングケアに良いといわれるハーブティーの代表格が「ローズヒップティー」。バラ科の植物であるローズヒップは、もっとも多くのビタミンCを含む植物といわれています。ビタミンCといえば美肌の万能成分ですが、その他「若返りのビタミン」といわれるビタミンEや、鉄分・抗酸化成分なども豊富に含まれています。

5.ローズマリーティー

ローズマリーも、老化を防止するといわれる抗酸化成分を豊富に含むハーブです。血行促進作用も期待できるため、肌のターンオーバーを正常に整えてくれるでしょう。飲み続けることが効果発揮のポイントです。

 

【ダイエット効果が期待できるハーブティー】

6.フェンネル(ウイキョウ)ティー

生薬としても知られるフェンネルには、体内にたまった余分な水分や老廃物をスムーズに排出させる作用があり、むくみを防いで代謝を整えてくれます。食欲を抑制する作用もあるといわれ、食前に飲むことで暴飲暴食を防ぐのにも役立ちます。

7.ハニーブッシュ

ハニーブッシュは更年期の症状改善や、風邪予防にも有効なハーブですが、ダイエットにも効果的です。脂肪の分解を促進し、脂肪の蓄えを軽減します。長期に亘るハニーブッシュの摂取は、すでに蓄えられて脂肪の燃焼も手助けするといわれています。

 

ブレンドハーブティーを試そう!

1種のハーブだけを用いたハーブティーを「シングルティー」と呼びます。それに対し、複数種のハーブを組み合わせたハーブティーは「ブレンドティー」と呼ばれています。シングルティーをおいしく淹れて飲めるようになったら、次はブレンドティーに挑戦してみましょう。

ブレンドするときには、味や香りのベースとなるハーブに、アクセント的要素を持つハーブを組み合わせるのが無難でしょう。香りがよく味に癖のない「ジャーマンカモミールティー」は、ブレンドのベースにおすすめです。「ジャーマンカモミールティー」をベースにし、スパイシーなアクセントとして「ジンジャー」を加えた「ジンジャーカモミール」などは、ポピュラーなブレンドティーとして知られています。

美容面では、ジャーマンカモミールとジンジャーのどちらも体を温めるハーブのため、冷えを防いで代謝を整える作用をアップさせられるかもしれません。ちなみに、ジャーマンカモミールはダイエット効果で先にご紹介した「レモングラス」や「フェンネル」とのブレンドもおすすめです。

 

まとめ

今回は、美容に関する効果が期待できるハーブの種類や、ハーブティーをブレンドして楽しむ方法などについてご紹介しました。ハーブを取り扱うお店などで、まずはプロが調合したおいしいブレンドティーを試し、その後、自身で調合にチャレンジするのも良いでしょう。身体のお悩みや現在のコンディションに合ったハーブティーを選び、ぜひ日常の美容ケアにもお役立てください。