ストレスやイライラにおすすめ!リラックス効果が期待できるハーブティー3選

2018.10.05ストレス

普段の生活の中で「なんだか疲れたな」「気分が上がらないな」と疲れを感じる時もあるでしょう。そんな方にぜひおすすめしたいのが、ハーブティーを飲んでストレスを解消する方法です。私たちの生活にはストレスがつきものですが、そのまま放っておくと疲れはどんどんたまってしまいます。疲れが原因で体調を崩すことのないよう、ハーブティーで心と体をリフレッシュしましょう。

今回は、ハーブティーのなかでも特にリラックス効果が期待できるものを3つご紹介します。

 

ハーブティーでストレス解消!

ハーブティーにはアロマテラピーと同じく、香りを嗅ぐことで精神的に落ち着く効果が期待できます。ハーブティーの香りは私たちの嗅覚を通して脳に作用し、自律神経に直接働きかけます。副交感神経が優位になることで心が穏やかになるため、体も自然とリラックスすることができます。

また、ハーブティーのように温かい飲み物は、飲むだけでほっと一息つくことのできる優れもの。身体が温まると寝つきが良くなり、質のよい睡眠がとれるため、疲れをとることにもつながります。

 

リラックス効果が期待できるハーブティー

リラックス効果が期待できるハーブティーは数多くありますが、それぞれ香りや味が異なります。ここではストレスを解消する効果が特に高いとされるハーブティーの特徴を3つご紹介します。

ラベンダー【リラックス効果・不眠改善・冷え性改善】

ラベンダーは不安や緊張を緩め、心身ともにリラックスさせる効果があります。ストレスからくる片頭痛や血圧の上昇を抑えるなど、自律神経の不調にも効果的とされています。その他、消化不良やガスがお腹にたまって苦しいなどの胃腸症状を改善する働きも期待できるでしょう。

フローラルな甘い香りが特徴的で、ハーブティー以外に入浴剤やポプリなど香料としても使えるハーブです。

ジャーマンカモミール【リラックス効果・不眠改善・肌荒れ改善】

不安や緊張・筋肉のこわばりを和らげ、疲労やストレスを解消する効果があるといわれています。消炎作用もあるため、生理痛や口内炎、腰痛などあらゆる痛みを抑える効果も期待できるでしょう。また、胃炎や腹痛などの胃腸症状、ニキビや肌荒れといった皮膚症状の改善にも役立ちます。

ジャーマンカモミールは作用がとても穏やかで、目立った副作用はほとんどないハーブで、ぬくもりのある甘い香りと青りんごのような青っぽさが特徴的です。

レモンバーム【リラックス効果・不眠改善・花粉などアレルギーの緩和】

気分の落ち込みに効果があり、神経性の胃炎や腹痛・動悸などが原因の不眠症に効果があるといわれています。気持ちを落ち着かせる効果も期待できるため、精神的に弱っている時には特におすすめです。また、菌やウイルスに対抗する作用も持っており、アレルギーなどの体質改善にも役立つでしょう。

名前の通り、すっきりとしたレモンの香りがさわやかなハーブです。

 

 

ハーブティーは長期的に続けよう!

身体にうれしい作用がたくさんあるハーブティーですが、薬と違って即効性はありません。眠気覚ましなどの効果は別として、ハーブティーの作用はゆっくりと時間をかけて現れます。ハーブティーを長期的に続けることで体質が変化しやすくなるため、心身の不調を和らげることも可能です。穏やかに体質改善ができるのは、ハーブティーのもっとも大きなメリットといえます。

また、ハーブティーを飲む時は一度に大量に摂取せず、数回に分けて摂取するほうが効果的といわれています。ハーブティーの薬効成分は水溶性のものがほとんどで、長い間体内にとどまることができないため、複数回摂取することで効果が持続します。できれば少量ずつこまめに摂取するようにしましょう。

 

まとめ

ハーブティーは飲んでおいしいだけではなく、色や香りでも気分が高まる飲み物です。最近、疲れやストレスがたまっていると感じた時は、好みのハーブティーや症状にあったハーブティーを試してみましょう。ハーブティーの世界はとても奥が深く、好きな味や香りを探してみるだけでもきっと気持ちが明るくなるはずです。ストレスで悩んでいる方も、気分が沈みがちな方も、心と身体のリフレッシュのために始めてみてはいかがでしょうか。